So-net無料ブログ作成


マルモのおきて 第六話 ネタバレ ブログトップ

マルモのおきて 第六話 ネタバレ [マルモのおきて 第六話 ネタバレ]

マルモのおきて 第六話のあらすじは...

護にキャッチボールを教わる薫と友樹。さすが純一郎の血を引いているだけあります。

薫は学校で、先日けがをさせてしまった隼人のからかわれて、すごく傷ついてしまう。かなとのデートの予定に浮かれてそこに気づけない護。

仕事に没頭し、食事もとらなくなった護を見て、朝食を作る薫…しかし上手くできないだけではなく、大切な書類を汚してしまう薫。

薫は、家では護に責められ、学校では隼人にからかわれ、隼人を追いかけてけがをさせてしまう。

なかなかうまくいかない二人の関係…あれ、友樹の出番が…。最後にちゃんとありました。

護に謝ろうと駅に行く二人。でも駅も会社もわからないというかわいそうな状況に…でも二人は護に謝ろうと練習をしている。

無事に打ち解けた三人。今週のマモルのおきてノートには、"好きでも嫌いでも家族"だった。

薫は、隼人とも仲直りし、キャッチボールをしていると、叔父さんが現れ、お母さんが合いたいと言っていると伝える…

さて、マモルのおきて第7話に続く…。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
マルモのおきて 第六話 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。